キャリア形成についての思い

 

よく言われるように、かつての日本は終身雇用制でした。就職=就社であり、一旦就職すると定年まで勤めあげることが美徳でした。

一戸建ての持ち家をローンで買い、出世競争をして企業戦士と言われた時代がありました。

プラザ合意後のバブル崩壊、失われた20年や年金問題、急速な高齢化、多様性ある共生社会やさまざまなハラスメントなど、現代社会はかつて経験したことのない時代に突入しています。

そして好むと好まざるにかかわらず、社会の変化に対応すべく国も「会社が個人の面倒をみていた」時代から「個人が自ら自分のキャリアを考えていく」という時代に変化しています。

この急激な変化に対応し、自ら納得できるキャリア形成をしていくサポートをすることが弊社の基本理念です。

弊社で用意する各種支援ツールが、皆様自身のキャリア形成の一助になるよう努力していく所存です。