来談の目的、何が問題なのかを明確にする。それをカウンセラーとクライエントが相互に確認し、その問題の解決のためにクライエントが行動する意思を確認する