Step3:クライエントの意思を確認する

カウンセラーは、クライエントが自分と一緒に、目標に到達しようとしているかを確認する。さらに目標達成のためにクライエントとカウンセラーは、相互に自分の意思やできることを表明することである。具体的には、クライエントがそのターゲットの達成をどのくらい強く望み、そのために努力しようとしているか、あまり気が進まないようであればそれは何故かを探ることである。また、あらゆるターゲット達成にはメリットとデメリットがある。ターゲット達成のための損失は何か。損失を上回るメリットは何かを検討する。