① 学習プロセスは、誰にでも共通であって、クライエントの種類によって異なるものではない。例えば、長期失業、低い意欲、強度の不安、心理的問題、結合困難などクライエントの種類によって学習支援の仕方が異なるわけではない。

② 学習は、クライエントが置かれた社会的、文化的環境によって影響される。

③ 学習の可能性は、過去・現在の経験ばかりではなく、学習すべきことがあるかどうかを、クライエントが認識することによって大きく影響を受ける。

④ クライエントの自己理解の内容と程度が、学習の必要性を決定する。