キャリアコンサルティングにおいては、できるだけ効果的かつ迅速に、また具体的で目に見える形で結果を求められることが多い。カウンセラーは一般に十分な時間、入念で多様なカウンセリング・スキルを活用できにくい環境にある場合もある。これを補う方策が情報の収集・提供とその活用である。方策の実行との関連で3つ留意点がある。