結果の評価は、実行した方策とカウンセリング全体について評価する。クライエントにとって方策は成功したか。目標は達成したか。ケースを終了してよいか。カウンセラーにとってどうか。

システマティックアプローチの最後の段階は、成果(結果)の評価である。成果の評価には、次の4つの内容が含まれる。

① クライエントとカウンセラーが、目標に照らしてどこまで到達したか、成果を評価する。

② クライエントの同意を得て、カウンセリングを終了する。

③ カウンセラーは、クライエントの成果を監査(モニタリング)する。

④ カウンセラーは、このケースについての結果、手段、スキルの行使などについて自己及び他人による評価を行う。