SandBox:

SEO SPAMボットの攻撃対象になるため、デフォルトでこのページは凍結されています。

理論と人名

理論

特性・因子論

小見出し 1-1-1

  • 項目1
  • 項目2
  • 項目3

中見出し 1-2

用語2
いろいろ書いた解説文2 *1
用語3
いろいろ書いた解説文3 *2

人名

パーソンズ

フランク・パーソンズ(Parsons,Frank 1854-1908)は、特性・因子論の代表的な人物である。1854年アメリカのニュージャージー州マウント・ホーリーに生まれた。コーネル大学土木科を卒業し鉄道会社に就職するが、倒産したため法律を勉強しボストンで弁護士の資格を得る。1908年(つまり死去の年)に、ボストン市民厚生館に世界最初の職業機関である職業局(vocational bureau)を開設した。著作として『職業の選択』(Choosing a Vocation)を著し死後の1909年に出版された。初めて職業指導とカウンセリングを導入した人物である。この本の中で初めて「職業指導カウンセラー(Vocational Counselor)」という言葉が使われた。

当時のアメリカは、産業革命により仕事環境や都市部への人口流入により、貧富の差が拡大していた時代である。例えば1903年にヘンリー・フォードがフォード・モーター社を設立した。1908年にはいわゆるT型フォードが発売され、爆発的な売れ行きをしめした時である。

「特性・因子論」(いわゆるマッチング理論)とは後世の呼称であるが、職業指導に決定的な影響を与えた。その見解としては3点に集約され、このステップを踏むことが賢明な職業選択と考えられた。

①自分自身・自己の適正・能力・興味・希望・資質・限界、その他の諸特性を明確に理解すること。

②職業や仕事に関して、その仕事に求められる資質、成功の条件、有利な点と不利な点、報酬、就職の機会、将来性などについての知識を得ること。

③上の2点の関係について、合理的な推論を行いマッチングをすること。

批判としては、

①ネジがぴったりと合うかのような関係を重視しすぎている(ペグの理論、と呼ばれる)。

②人と職業との関係を固定的・静的に捉え過ぎている。ダイナミズムや発達的な視点がない。

③現実の職業選択は、必ずしも合理的な推論で行われているとは限らず、情緒的・無意識的な非合理的要素によって左右されることもある。

などである。

パーソンズは後世に重大な影響を与え、一般職業適性検査、職務分析、職業分類、職業情報など、現在のキャリアガイダンスで使用されている手法はこの理論から生み出されたものである。一般に、職業指導運動の始祖とされている。パーソンズの職業局は学校に指導者を派遣して学校カウンセラーに実践指導した。また1913年には全米職業指導協会(NVGA)が結成された。これが今日の全米キャリア開発協会(NCDA)である。また、GATB(General Aptitude Test Battery)一般職業適正検査は、アメリカ労働省が1937年から10年間をかけて完成させたものであり、1952年に日本の労働省(現在の厚生労働省)がアメリカ政府の許可を得て日本の実情に合うように翻訳し開発された。

ミネソタ大学で進路指導をしていたウィリアムソンは、パーソンズの理論に基づく心理検査の結果は、学生生活全体の適応状況を改善するためのカウンセリングにも有効であるとし、「特性・因子論的カウンセリング」を提唱した。なお、平木典子氏はウィリアムソンの元に留学し薫陶を受けている。また、ウィリアムソンの理論は広い意味での指示的療法であり、ロジャーズがウィリアムソンの前で彼自身を批判する講演を行ったエピソードも有名である。

余談ながら、vocationとoccupationはどちらも「職業」という日本語になるが、英語の文脈での使い方はoccupationのほうが広く使われ、単なる仕事というくらいの意味である。

vocationは「神が与えた天職」という意味の他に、仕事に必要なトレーニングや資格を所持する場合に使われる。

無資格であるが実態的にキャリアコンサルティングをしている場合にはoccupation、国家資格キャリアコンサルタントや技能検定に合格し登録した場合にはvocation、ということになる。

ホランド

ホランド(Holland,J.L)ネブラスカ大学で心理学を専攻。第2次世界大戦下で兵士を適材適所に配置する仕事に従事した。戦後ミネソタ大学大学院に入学後、人には職業経歴に規則性があるという仮説により新しい分類法の開発を行った。

ロジャーズ

ロジャーズの略歴などは以下を参照。 http://careerintegral.net/2018/06/23/rogersnennpu/

 ロジャーズの思想は、大きく精神分析の影響を受けた時期、「非指示的療法」「来談者中心療法」の時期、「パーソン・センタード・アプローチ」「エンカウンター」の時期に分かれる。最晩年にはトランスパーソナルな傾向も現れた。 基本的には、人間の自己成長力を信じ、自己実現をする力が備わっていると考える。 ロジャーズは「経験」と「自己概念」を通じて意識化されるものの「不一致(自己不一致)」が問題の原因であると考え、経験と自己を一致させることを重要視した。つまり「自己一致」とは経験したり、感じていることを否認したり歪曲したりせずそのまま受けれれ、自己概念の中にとりいれている状態のこととした。この説明は観念的でわかりにくく、むしろ「自分自身に対して誠実であること」のほうがより明瞭であろう。 問題解決としては、「自己不一致」の状態から「自己一致」の状態に変容することが重要であり、カウンセラーの温かい視線の中で体験を統合することであるとした。

ロジャーズの考え方(非指示的療法)は、「単なるオウム返しに過ぎない」という批判をアメリカでも受けたため傷ついたロジャーズは晩年に至るまで、その態度については述べてもほぼ沈黙を貫き、1980年代にすこしばかりの発言をしている。また、ジェンドリンとの研究・交流を通じて体験過程に影響を受け「傾聴の技法を知りたければ、ジェンドリンのフォーカシングを学ぶとよい」という発言をして、傾聴にある種のねじれ現象がおきている。

日本のキャリアコンサルティングのテキストには1950年代のロジャーズの考え方が未だ主流であるため、晩年のロジャーズの主張であったり、フォーカシングのショートフォームの考え方や、体験過程、身体の感覚についての記述がともすればなおざりになっているように見えるので十分に注意する必要がある。特に、ロジャーズの3条件については、態度であり技法でないのだが、いまだに技法と無理やり結び付けて考える解説が往々にしてあり、初学者は注意して学習する必要がある。

レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0レベル0

レベル1

レベル1

レベル1

レベル2

レベル2

レベル2

レベル3

  • はろ1
    • はろ2 ろろろろ2
      • はろ3
    • はろ2
      • はろ3
    • はろ2
      • はろ3

        レベル3

        レベル3

        レベル3

日付

日付 &date;
  • 日付 2004-08-16
date?
  • 2004-08-16
時刻 &time;
  • 時刻 07:29:03
time?
  • 07:29:03
日時 &now;
  • 日時 2004-08-16 (月) 07:30:27
now?
  • 2004-08-16 (月) 07:29:03

リンク

URLやメールアドレスは自動的にリンクになります

その他の文字装飾

整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト
整形済みテキスト整形済みテキスト整形済みテキスト

色の変更も可能なルール(COLOR(#993333))

サイズの変更も可能なルール(SIZE(10))

両方指定(SIZE(20)COLOR(#333399))

打ち消し線

左寄せ

中寄せ
右寄せ

*1 注釈2: SandBoxへのリンク
*2 注釈3: 注釈の中にも*3作ることができます
*3 注釈の注釈を

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-19 (木) 11:09:00 (278d)